意外と敷居が低い消費者金融

意外と敷居が低い消費者金融

消費者金融での借り入れ経験者数は、成人の5名に1名、もしくは4名に1名というような割合です。
借り入れ金額については、1万円くらいという人から、数万円、数十万円という人まで多種多彩です。
一般的に、総量規制の下での借り入れとなる消費者金融は、返済できないと判断されるような金額を貸してくれることはありません。
その上限が年収の3分の1までとなっています。
ですが、この年収の3分の1まで貸してくれるかどうかというのもまた別の問題なのです。
無理なく返済するためにも、無理の無い借り入れ額であることは必須と言えるでしょう。

 

消費者金融というところは、怖いイメージを持つ人もいますが、実際はそのようなことはありません。
最近は、店舗を持たないタイプ、もしくは店舗そのものが減少傾向にあり、WEB申し込みや携帯やスマホを利用したり、無人契約機などを利用することが多くなって来ているので、何か心配なことがあれば、フリーダイヤルで相談したり、消費者金融のホームページを見ればだいたいの疑問は解決できるように親切に構成されています。
意外と敷居が低いのが消費者金融です。
もしものときは利用することも決して悪いことではありません。